活動内容

ワーキンググループ 運用・証券・投資銀行業務

座長からのメッセージ

日本版スチュワードシップコード制定以降、直接金融に携わる金融機関への役割が高まっています。運用・証券・投資銀行ワーキンググループ(WG)では、企業価値に影響を及ぼしうるESG課題を適切に考慮することが、地球環境の保護や資本市場の健全な育成・発展等につながり、ひいては持続可能な社会の形成に寄与するものと考えております。とりわけ、インベストメントチェーンでの当WGが果たす役割は大きく、アセットオーナー、運用機関、企業が有意味な情報交換を行う「ノード(node)」、すなわち結節点のあり方は、このチェーンが発揮しうる経済的利益を期待する上で極めて重要な要素となります。

 

当WGでは、ノード(結節点)のあり方を追求し、持続可能な社会・経済・環境の実現を目指してまいります。

 

ESG投資に関連する署名機関の実力と当WGの社会的認知度の向上を図るべく、情報開示や対話に向けた企業側・投資家側のそれぞれの工夫、視点、事情等を伝えることで「相互理解」を深めます。また、「事業側面と持続可能な社会実現」のため、直接金融に携わる金融機関として果たすべき役割と課題について認識を深め、ノード(結節点)のあるべき形を目指して活動を進めてまいります。

 

運用・証券・投資銀行業務ワーキンググループ座長

株式会社りそな銀行 アセットマネジメント部責任投資グループ 松原 稔

 

 

今後開催されるWGのご案内
  • 2017年度の活動は終了。
  • 2018年度は、2回程度の活動を予定。(日程やテーマは未定)

 

 

今までの活動実績

2017年度(平成29年度)

2017年度(平成29年度)第1回 ESG情報と企業価値:「投資家の視点・企業の視点」に関する意見交換会
2017年度(平成29年度)第2回 社会的共通資本と持続可能な社会・経済・環境 ― 確かな未来を創る座標軸 ―

2016年度(平成28年度)

2016年度(平成28年度)第1回 年金積立の運用にふさわしい取組みとは~受託者責任の観点から~
2016年度(平成28年度)第2回 持続可能性を巡る課題を考慮した投資に関する検討会(ESG検討会)との共催

2015年度(平成27年度)

2015年度(平成27年度)第1回 コーポレートガバナンス・コード
2015年度(平成27年度)第2回 シンポジウム「企業と投資家の建設的な対話 ― コーポレートガバナンス・コードと日本版スチュワードシップ・コードを背景に―」
2015年度(平成27年度)第3回 運用・証券・投資銀行業務ワーキンググループ

2014年度(平成26年度)

2014年度(平成26年度)第1回 フリーディスカッション「21 世紀金融行動原則 第1回運用・証券・投資銀行業務ワーキンググループ活動の中長期ロードマップについて」
2014年度(平成26年度)第2回 スチュワードシップ・コードにおいて金融機関に期待する
2014年度(平成26年度)第3回 Creating Shared Value

2013年度(平成25年度)

2013年度(平成25年度)第1回 個人投資家の心をつかむESG投資商品
2013年度(平成25年度)第2回 「統合報告」について