活動内容

2020年度 選定結果

3月24日、コロナ禍により書面決議、オンライン開催となった総会に代わり、環境省 第一会議室にて、2020年度最優良取組事例(環境大臣賞及び特別賞) の表彰式を実施いたしました。授賞式の模様はこちら

 

2020年度 最優良取組事例(環境大臣賞)及び特別賞(選定委員長賞、運営委員長賞)

【最優良取組事例 環境大臣賞】

総合部門  三菱UFJ信託銀行株式会社

日本における責任投資のパイオニアとして、すべての運用資産で重大なESG課題の解決に向けた取り組みを推進

 

地域部門 浜松磐田信用金庫

地元企業ビジネスマッチングを通じて地域に広げるSDGsの輪

 

【最優良取組事例選定委員会 委員】
  • 委員長 末吉 竹二郎 氏(UNEP FI 特別顧問)
  • 委 員 薗田 綾子 氏(株式会社クレアン 代表取締役)
  • 委 員 水口  剛 氏(高崎経済大学 経済学部 教授)
  • 委 員 西村 治彦 氏(環境省 大臣官房 環境経済課長)

 

【特別賞 選定委員長賞】

総合部門  りそなアセットマネジメント株式会社

りそなのスチュワードシップ活動の深化|2020-2021スチュワードシップレポートより

 

地域部門 京都信用金庫

様々な人の『?』が集まる場所「QUESTION」の開業

 

【最優良取組事例選定委員会 委員】

同上

 

 

【特別賞 運営委員長賞】

株式会社北洋銀行

ほっくー基金北海道生物多様性保全助成制度

 

【21世紀金融行動原則 共同運営委員長】
  • 田辺 敬章 氏(損害保険ジャパン株式会社 CSR室 リーダー)
  • 竹田 達哉 氏(株式会社三井住友銀行 経営企画部 サステナビリティ推進室長)

 

【選定基準】
  • 先進性がある。
  • 独自性がある。
  • 本業に即した取組である。
  • 実績(販売数や販売額等)がある。
  • 汎用性がある。(他の金融機関のモデルとなる)
  • 地域性がある。地域経済の発展につながる。
  • 国内外への広がりがある。
  • 多様なステークホルダーと関連している。
Print Friendly, PDF & Email