事務局からのお知らせ

【開催報告】6/19開催 第1回 保険業務WG/環境省共催勉強会
「気候変動と保険業界~日本の保険業界はどう対応すべきか~」

平成30年度 第1回保険業務ワーキンググループ(WG)として、主に保険業務WGに参加する機関に限定して、下記のとおり、勉強会を開催いたしました。

 

 

昨年度公表された、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)からの最終報告書や、近年の石炭関連の事業からの投資引き揚げ(ダイベストメント)や保険引受の取り止めを宣言する海外大手保険会社の動向等、パリ協定の合意以降、保険業界では国際的に大きく動きを見せている中、日本の保険業界にも対応が問われつつあります。

 

今回の勉強会では、世界の大手保険会社CEOで構成されるシンクタンクであるジュネーブ協会から1月に発行されたレポート「気候変動と保険業界:リスクマネージャーと投資家の行動」を題材に、5月末に開催されるジュネーブ協会総会や海外保険会社の動向など最新情報を提供しつつ、日本の保険業界として、どのように対応していくべきかを議論しました。

 

日時

2018年6月19日(火) 15時00分~17時00分

 

場所

TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター カンファレンスルーム4K(東京都中央区京橋1-7-1 戸田ビルディング 4F)

 

参加

21世紀金融行動原則の保険業務WG所属署名機関及びその系列の運用会社限定

 

 プログラム

<全体進行>

・損害保険ジャパン日本興亜(株)(保険業務WG座長機関) CSR室リーダー 佐々木 美絵 氏

 

【レポートに関する説明】

「気候変動と保険業界:リスクマネージャーと投資家の行動」

・東京海上ホールディングス(株)事業戦略部 参与 長村 政明 氏

  ※本レポート和訳は以下より署名機関限定でダウンロード可。英語版はこちら。

 

【情報提供・意見交換会】

「保険会社に求められる対応」

<モデレーター>

・環境省 大臣官房環境経済課 環境金融推進室 室長補佐 田辺 敬章 氏

 

  • ジュネーブ協会総会(2018年5月末~6月開催)での議論
  • 海外保険会社による投資と引受業務の現状
  • UNEP FIからの話題提供(UNEP FI 日本コーディネーター 野村 香織 氏)

 

開催の様子

損害保険ジャパン日本興亜(株)

(保険業務WG座長機関) CSR室リーダー 

佐々木 美絵 氏

 

東京海上ホールディングス(株)

事業戦略部 参与 

長村 政明 氏

環境省 大臣官房環境経済課 

環境金融推進室 室長補佐 

田辺 敬章 氏

意見交換の様子

UNEP FI日本コーディネーター 野村 香織 氏

 

東京海上ホールディングス(株)事業戦略部 参与 長村 政明 氏

 

 会場の様子

会場の様子

 

ダウンロード

プログラム(PDF, 180KB)

 

〇配布資料(署名機関限定です)

ここから先は署名機関限定コンテンツとなります。【こちら】よりログイン後ご覧いただけます。
署名手続きについては【こちら】をご覧いただき、事務局へ【お問い合わせ】ください。

 

 

事務局からのお知らせ一覧へ

全てのお知らせ・イベント一覧へ